<< 晩秋の船形山麓升沢遊歩道 P6000セカンドインプレッション >>
P6000デジスコ初テスト
f0148627_21234429.jpg
ジョウビタキ(♂)

※1024×768pixel。P6000によるデジスコ撮影。焦点距離1560mm相当。

COOLPIX P6000をデジスコに接続してみました。と言っても手持ちのアダプターリングではカメラのレンズ繰り出し量全域をカバーする長さに足りないため、レンズが1番引っ込んだ中望遠のみでのテストになります。尚、継ぎ足し用のアダプターリングは追加で発注中です。

今回の被写体は、自宅前周辺を10月末頃から縄張りにしているジョビ君です。このアンテナは私の部屋から約30m程の距離にあります。ふと気が付くと、いつもここで縄張りを見張っています^^)。





上の写真から切り抜いた等倍画像f0148627_21425424.jpg

P6000等倍画像。最低感度(ISO64)、元画像は1338万画素。

比較としてP4のデジスコ撮影画像とデジタル1眼のK10D撮影画像を掲載します。

比較1.COOLPIX P4デジスコ撮影f0148627_2147403.jpg

※1024×768pixel。P4によるデジスコ撮影。焦点距離1860mm相当。

上の写真から切り抜いた等倍画像f0148627_2150656.jpg

P4等倍画像。最低感度(ISO50)、元画像は800万画素。

比較2.デジタル1眼レフK10Dによる撮影f0148627_21525185.jpg

※1024×685pixel。K10Dによる撮影。焦点距離900mm相当(2倍リアコン使用)。

上の写真から切り抜いた等倍画像f0148627_21565016.jpg

K10D等倍画像。感度ISO200、元画像は1000万画素。

同じデジスコでのP4との比較は、うっかり露出合わせをしなかったため評価は難しいですが、それでも明らかにノイズが少ないことが分かります。画素数が大幅に増えているのに画質の向上が明らかなので、一安心でした。ふ~。

但し、連写速度は約半分に低下したため、いい瞬間を撮り逃す可能性が大きいですね~。
ピントも合わない写真が多いです。よくデジスコのピント合わせは、スコープでやや後ろ気味に合わせてカメラのAFを使うとジャスピンになる可能性が高いそうですが、スコープで後ピン気味にするとデジカメの方が合焦マークが出さない時があります。
対策としては、ピント合わせ速度は遅くなりますが、ピンの深いマクロモードにすると合わせてくれそうです。まあ、この辺はフィールドで使い込んでからボチボチ決めていきたいと思います。

そうそう、ここぞ!という時に振動のないリモコンシャッターが使えるのはいいですね。重宝しそうです。

眼デジとの画質比較は止めておきますが、そもそも焦点距離2000mm以上でデジスコの長所が生きてくると思いますので、早くアダプターリングが揃い実践投入したいです。EDレンズを2枚使用したというレンズでのテレ端画像を見てみたいです。
[PR]
by htt-bird | 2009-11-12 22:38 | 機材
<< 晩秋の船形山麓升沢遊歩道 P6000セカンドインプレッション >>