人気ブログランキング |
<< 虎毛山の山野草 虎毛山登山 >>
ルリボシヤンマとオオルリボシヤンマ
f0148627_21535785.jpg

ルリボシヤンマ(♂)

※1024×685pixel

虎毛山の山頂湿原に青っぽいヤンマが飛び回っていました。
目算で4~5匹くらい飛んでいて、お互いに接近するとバトルを開始します^^;。目の前で喧嘩を始めると羽音がバサバサと聞えますし体も大きいので結構迫力があります。




自宅に帰ってきてトンボの種類を調べましたら、1種類と思っていたら2種類のトンボがいることが分かりました。どっちも青っぽくて同じように見えていたんですが、流石に写真を等倍に拡大して見ると、その違いが分かりました。

前の写真を等倍拡大してみると、
f0148627_228325.jpg

ルリボシヤンマ(♂)

※1024×685pixel 等倍トリミングしています。

意外と青い部分は少なく、腹の付け根と尻尾の先以外は黄色っぽいですね。

もう1種類はこちらです。
f0148627_22104711.jpg

オオルリボシヤンマ(♂)

※1024×685pixel

パッと見ルリボシヤンマと見分けが付かないですが等倍トリミングで拡大してみると、
f0148627_2213446.jpg

オオルリボシヤンマ(♂)

※1024×685pixel 等倍トリミングしています。

おおっ、全体的に青いです。それと腹部の節の部分の模様は複雑で2本線のように見えます。こちらはオオルリボシヤンマでした。

ルリボシヤンマもオオルリボシヤンマも夏ではなく秋に登場するヤンマのようです。基本的には高山系のトンボですが、もう少ししたら平地や低地の沼でも見られるのかもしれません。尚、力関係ではギンヤンマよりも弱いらしく、ギンヤンマがいる間は出て来れないようです^^;。
by htt-bird | 2010-09-10 22:26 | 登山
<< 虎毛山の山野草 虎毛山登山 >>