人気ブログランキング |
<< 2012年3月23日 松山 デジビノ!? >>
ベルボン 望遠レンズサポーター SPT-1
f0148627_14411143.jpg

ベルボン 望遠レンズ専用サポーター SPT-1

※SPT-1の下のメモリ付きのプレートは、ビデオ雲台に装着するためのジッツオのクイックリリースプレート GS5370LC



一眼レフカメラで望遠レンズを使用して撮影した場合、三脚に固定しても中々カチッとした絵が撮れないので、こんな物を買ってしまいました^^)。

一眼レフカメラはミラーショックとシャッターショックという2つの自己振動が発生します。基本的に望遠レンズはレンズ側の三脚座を雲台に固定して、カメラボディは無固定の状態になりますから、カメラ側で自己振動が発生すると、全体の剛性にもよりますが多かれ少なかれ前述のショックによりブレが発生します。
SPT-1を購入したのは、一眼レフ固有のこのブレを抑えるのが目的です。




DA☆300mmF4+2倍リアコンA2×S+K-5という構成でSPT-1に取り付けてみました。
f0148627_157574.jpg

レンズ:DA☆300mmF4+A2×S
カメラ:K-5
+ SPT-1


f0148627_15102285.jpg

SPT-1本体とジッツオのプレートとは2個のネジで固定


f0148627_15124166.jpg

カメラのヒップをパイプ状のサポーターで固定



因みにSPT-1が使用できる望遠レンズは三脚座の位置により制限があります。
f0148627_15192644.jpg




手持ちのふる~い大口径超望遠レンズsmc PENTAX 500mmF4.5は三脚座からカメラの三脚ネジ穴まで200mm位ありましたので、直接SPT-1を繋げる事はできませんでした(涙)。

まあ、↓これを使えば装着できますが・・・
f0148627_1524493.jpg

KOWA バランスプレート
TSN-BP

※重量級レンズには華奢過ぎて不安です^^;



それでSPT-1の効果ですが、確かにブレる確率は激減しました。
但し連写で試すと、SPT-1を装着してもブレる時があるし、SPT-1を装着しなくてもブレない時もありました。
恐らく連写による振動の増幅や打消しがあり、完全には振動を抑え切れないのだと思います。

もちろんショット数を増やして統計的に評価すると確実に効果を確認できると思いますが、・・・まあ面倒臭いので、連写による振動の増幅や打消しのないワンショットでのブレの確認をしてみました。これなら1回の撮影で発生する振動に対するSPT-1の効果が確実に評価できます。

約2mの距離のゾウさんの右目に正確にピントを合わせて、SPT-1のカメラ側のヒップサポートの固定の有無で評価しました(厳密に言えばSPT-1使用とレンズ三脚座の雲台直付けの比較をした方が良いですが)。
f0148627_15464870.jpg

レンズ:DA☆300mmF4+A2×S
カメラ:K-5
シャッター速度:1/80~1/100



右目部分の等倍トリミング画像(ケーブルスイッチを使用してワンショット撮影9回)
f0148627_15513153.jpg

SPT-1でカメラ固定



f0148627_15522982.jpg

SPT-1でカメラ未固定




まあ当然ですが、何度やってもほぼ同じ結果です。
SPT-1装着でかなりカメラの自己振動を抑える効果があることが分かりました。
野鳥撮影では使用上連写する場合が多いので、SPT-1を装着しても100%ブレを抑えることができないのは残念ですが、ブレ低減効果は確実にあるので使用していきたいです。それと三脚座とカメラの距離が離れた望遠レンズにも対応できる機種も出してくれるありがたいんですがねえ。
by htt-bird | 2012-03-22 18:00 | 機材
<< 2012年3月23日 松山 デジビノ!? >>