<< あけましておめでとうございます 2012年12月23日 鹿島台... >>
2012年12月28日  KOWA PROMINAR 500mm F5.6FL + PENTAX Q 試し撮り
f0148627_23595920.jpg

作例1)
ベニマシコ(♂)

撮影機材:
KOWA PROMINAR 500mm F5.6FL + PENTAX Q
焦点距離:
2790mm(35mm互換)



さて、先日導入したKOWA PROMINAR 500mm F5.6FLを、早速PENTAX Qに繋げてフィールドで実践投入してみました。
35mm互換焦点距離は2790mm(EXIFデータより)です。これ程の超望遠に匹敵するのはデジスコくらいです。
デジスコの望遠端の1、2ステップ手前くらいの焦点距離でしょうか。

デジスコでは接眼レンズに映る像をデジカメ側のズームレンズで拡大していくので、望遠端側では収差などもズームに応じて大きくなり、像の劣化が発生します。
これに対してPENTAX Qの場合は望遠レンズの像を直接KQマウントアダプターを介して撮像素子に写すため、レンズさえ同等の性能であれば300mm(35mm互換焦点距離1674mm)レンズでも500mm(35mm互換焦点距離2790mm)レンズでも焦点距離の差による画質の劣化はありません。
この点がPENTAX Qを用いるシステムの強みだと思います。但し画質のいい高価な超望遠レンズが必要なんですけどね^^;。




最初の写真の等倍トリミング画像です。
f0148627_0392365.jpg

等倍トリミング画像

撮影機材:
KOWA PROMINAR 500mm F5.6FL + PENTAX Q
焦点距離:
2790mm(35mm互換)



PENTAX Qの撮像素子は小さいので、流石にノートリミング写真で画角の半分を占めるくらいのドアップじゃないと羽の1本1本を解像するのは難しいかもしれません。でもまあ、個人的には期待通りの画質だと思います^^)。

f0148627_0493399.jpg

作例2)

ベニマシコ(♂)

撮影機材:
KOWA PROMINAR 500mm F5.6FL + PENTAX Q
焦点距離:
2790mm(35mm互換)


f0148627_0514531.jpg

等倍トリミング画像

撮影機材:
KOWA PROMINAR 500mm F5.6FL + PENTAX Q
焦点距離:
2790mm(35mm互換)



f0148627_0521932.jpg

作例3)

アオジ

撮影機材:
KOWA PROMINAR 500mm F5.6FL + PENTAX Q
焦点距離:
2790mm(35mm互換)


f0148627_053287.jpg

等倍トリミング画像

撮影機材:
KOWA PROMINAR 500mm F5.6FL + PENTAX Q
焦点距離:
2790mm(35mm互換)



f0148627_0534119.jpg

作例4)

モズ

撮影機材:
KOWA PROMINAR 500mm F5.6FL + PENTAX Q
焦点距離:
2790mm(35mm互換)


f0148627_0541847.jpg

トリミング画像

撮影機材:
KOWA PROMINAR 500mm F5.6FL + PENTAX Q
焦点距離:
2790mm(35mm互換)



今回は全てPROMINAR 500mm F5.6FLは絞り開放で撮影しました。PENTAX Qの場合はあまり高感度に上げれないということもありますが、絞り開放でも収差も殆どなく良く解像しています。10m~20mくらいの中間距離の小鳥でもかなり大きくシャープに写るので気持ちいいです^^)。

欠点は超長焦点なので、ターゲットの導入、画角の微調整、ピント合わせなどが非常に難しいことです。
また、ちょっとした振動も画質劣化に繋がります。
まあ、総じてシャッターチャンスには弱いシステムですね^^;。
この辺は被写体やフィールドの状況によりDA☆300mm(35mm互換焦点距離1674mm)や、PROMINAR 500mm F5.6FL+TX07の350mmマウントアダプター(35mm互換焦点距離1953mm)使用との併用になると思います。但しあんまり望遠レンズの焦点距離が短くなると、PENTAX Qのシステムのメリットが失われてしまいますね^^;。
[PR]
by htt-bird | 2012-12-28 12:00 | 野鳥
<< あけましておめでとうございます 2012年12月23日 鹿島台... >>