カテゴリ:奥松島( 28 )
奥松島 2009年2月18日 奥松島公園編
霰が打ち付ける中機材を片付け、車に乗り走り始めると、段々晴れてきました。何とも間の悪い天気ですが、大高森へ引き返す気力もないので、東名と奥松島運動公園に寄る事にしました。

奥松島運動公園の葦原にはオオジュリンが飛び回っていました。

オオジュリン。小さな嘴で葦を突いていました。
f0148627_21285666.jpg
後姿。意外とホオジロと間違えることはないです。
f0148627_21305115.jpg
ちょっとトリミング。
f0148627_21315257.jpg


沼にいる水鳥は、マガモとホシハジロが殆どでした。

マガモ軍団。雄の顔の色が光の加減で変化していました。紫だったり青だったり緑だったり・・・。
f0148627_21374278.jpg

こちらはホシハジロ軍団です。雄はマガモとは対照的な顔の色ですね。
f0148627_21384731.jpg

因みに猛禽はトビとミサゴのみでした。
[PR]
by htt-bird | 2009-02-21 21:47 | 奥松島
奥松島 2009年2月18日 大高森編
2週間振りに奥松島に行ってみました。
午後から天候が悪化し、更に強風の予想でしたので、午前中が勝負です。

大高森の駐車場に着きデジスコを組んでいると、背後の畑から「ヒー、ヒー」という声が聞えました。
ジョウビタキ、早速の登場です。但し、午前中から既に強風のため、殆どがブレ写真でした。
f0148627_032454.jpg
f0148627_03215100.jpg
最近のジョウビタキは、雌に縁があるみたいです。

大高森を登り、ルリビタキのポイントに到着しました。
12月、1月は遊歩道の上空を飛び、木の枝に止まることが多かったのですが、最近は木の枝に餌となる木の実が無いせいか、遊歩道の下斜面の藪の中から出てくることが多くなってきました。多分、藪の中で草の種などの餌探しをしているのではないかと思います。
ポイントも遊歩道の下斜面を見下ろす位置に決め待つことにしました。

「フィー、フィー!」言うのはベニマシコ。この子も藪の中でガサゴソ。
f0148627_0455196.jpg


待ち人(鳥)来たれりルリビタキ。やっぱり藪の中から出てきました。
f0148627_0494422.jpg

背景がうるさいので少々アップで撮影。・・・ボケてはいるが、やっぱりうるさいですね。でもまあ、迫力がある絵になりました^^;。 ※1200×900の大きめ画像です。
f0148627_058231.jpg


この後徐々に雲が広がり、11時頃に霰が降って来たので、未練を残しつつも撤収することにしました。この日もルリビタキの雄には会うことができませんでした(涙)。次回、別のポイントで待ってみようか・・・。でも、待ちぼうけの確率が高いが・・・。
[PR]
by htt-bird | 2009-02-20 01:17 | 奥松島
奥松島 2009年2月4日 室浜漁港編その2
イソヒヨ君を撮っていると、背後から「ヒー!」という声が。
振り向いて見るとジョウビタキの雌がいました。
イソヒヨ君にはかなり長く付き合ってもらったので、ジョウビタキの方に挨拶することにしました。

ジョウビタキ子「いらっしゃ~い!」
f0148627_22201360.jpg

ジョウビタキ子「私に会いに来たの~?」
f0148627_222192.jpg

ジョウビタキ子「図星なのかな~?」
f0148627_22212491.jpg

ジョウビタキ子「でも私、そんな軽い女じゃないのよ~」
f0148627_22223328.jpg

ジョウビタキ子「残念だけど、いっしょになれないわ・・・」
f0148627_2224048.jpg

ジョウビタキ子「友達のままでいましょうね!」
f0148627_22245835.jpg


htt「・・・」
[PR]
by htt-bird | 2009-02-09 22:28 | 奥松島
奥松島 2009年2月4日 室浜漁港編
荒れ小屋から嵯峨見台経由で室浜へ。
途中の嵯峨見台の展望台で昼食を取りつつ小鳥の鳴声に耳を澄ましてみましたが、ルリビタキの声は聞えてきませんでした。

室浜漁港をざっと見回して見ましたが、潜水系の海鳥は見当たりませんでした。
さて、どうするか?と思っていると、近くに動く気配がありました。
イソヒヨドリ(雄)でした。
f0148627_22121459.jpg

前回ここに来た時もイソヒヨの雄を見ましたが、その時見た個体は嘴にテグスが絡んでいました。この個体を観察した所、テグスは見られませんでしたので、前回とは別の個体か、絡まっていたテグスが外れたか、どちらかのようです。とりあえず一安心です。・・・ほっ。

コンクリートがスロープになっている所に海藻が生えており、そこで採食していました。多分食べているのは動物性の餌だと思います。
f0148627_22202324.jpg
f0148627_22203467.jpg

後姿。風切りと尾羽の先が黒いですね。
f0148627_2226173.jpg

イソヒヨドリ「何見てんのよ!」    (注)雄です^^;。
f0148627_22282261.jpg

一応青い鳥です^^;。 
イソヒヨドリ「一応って何だよっ!ぷんぷん!」
f0148627_22311489.jpg

最後にバストアップ写真をどうぞ。※1200×900の大きい画像です。ちょっと劇画調!?
f0148627_22324197.jpg


イソヒヨ君、30分以上付き合ってくれてありがとうね。
[PR]
by htt-bird | 2009-02-08 22:39 | 奥松島
奥松島 2009年2月4日 嵯峨見台編
大高森を後にし、いつものように嵯峨見台下の荒れ小屋へ。

やっぱり常連のイソシギ君。
f0148627_22242248.jpg
f0148627_2224367.jpg
イソシギ「むっ、寄らば飛ぶぞ!」
f0148627_22244755.jpg
この後ちょっと近づいたら・・・飛んでしまいました(涙)。

なんとなく泣きボクロのジョウビタキ君には会えないような気がしていましたが、予感が当たり出てきてくれませんでした。やはり餌を求めて縄張りを移動したかもしれません。少なくとも、荒れ小屋周辺に待機する時間は短くなったことは確かですね。
もしかすると今シーズンはもう会えないかもしれませんが、来シーズン元気にまたこの場所に戻ってきてくれると嬉しいです。

ルリビタキも出てきてくれず、撤収しようとしていると、丁度漁から帰ってきた地元の漁師さんから正面の山の裏側に海岸があるよ~と聞きましたので、覗いてみることにしました。
木に覆われて殆ど入口が見えない洞窟のようなトンネルを抜けると、直ぐに小さな海岸に出ました。
正面に石巻湾と岩のような島が見えました。

石巻湾。対岸は石巻工業港です。
f0148627_22495633.jpg

正面に島がありました。地図で調べた所、船越島らしいです。嵯峨見台からも良く見える島です。
f0148627_2253784.jpg

海を眺めていると、後ろから「ヒー、ヒー!」という声が聞え、慌てて振り向いてみると・・・
f0148627_22563138.jpg
ルリビタキ(雌タイプ)でした。

ルリビタキは出てきてくれましたが、鳥見ポイントとしてはどうかなあ。海岸の背後は竹ばかりであまり小鳥は来ないような気がしますね。
[PR]
by htt-bird | 2009-02-07 23:09 | 奥松島
奥松島 2009年2月4日 大高森編
この日も懲りずに奥松島に行きました。
昨年は2月に入ってから結構ルリビタキが出てきてくれましたので、その再現といきたい所でしたが、やはりこの日も雌タイプのみでした。

駐車場でデジスコをセッティング中に出てきたツグミ君。K10D+DA★300mm+A2X-Sで撮影。
f0148627_2053553.jpg

キクイタダキ。禁断のISO1600で!?それでもSS1/30秒です(涙)。K10D+DA★300mm+A2X-S。やはりリアコンなしで撮影し、トリミングした方が良かったですね。NR処理。
f0148627_20575791.jpg


ここからはデジスコです。と言っても証拠写真が続きますが・・・
シメ。枝被りの見本です!
f0148627_2125454.jpg

シロハラ。証拠写真の見本です!
f0148627_2135834.jpg


ルリビタキ(雌タイプ)も何度か現れましたが、木の上に餌がないのか、地面を歩くこともありました。
f0148627_2154113.jpg
f0148627_2155427.jpg


ああっ、青い翼のルリ男君は今何処に?
[PR]
by htt-bird | 2009-02-06 21:08 | 奥松島
奥松島 2009年1月28日 嵯峨見台~室浜編
荒れ小屋を後にし、久し振りに嵯峨見台経由で室浜に行ってみました。

嵯峨見台からの展望1・・・石巻湾方向
f0148627_2320372.jpg

嵯峨見台からの展望2・・・写真の右奥に見えるのが嵯峨渓です
f0148627_23224144.jpg

高島(通称メガネ岩)・・・カモメとウミウが休んでいます。
f0148627_23251817.jpg


室浜漁港について、真っ先にやってきたのがイソヒヨドリです。写真を拡大すると、テグスらしき糸状の物が嘴に付いていることがわかります。恐らく餌が付いた針を飲み込んでしまったと思われます。
f0148627_23282848.jpg
こういう被害は海岸沿いに生息する野鳥に多いです。・・・見たくない光景でしたね。釣り人に限りませんが、とにかくゴミは持ち帰るという基本的なことくらい守って欲しいです。特にテグスと針は絶対捨てないで下さい!

室浜漁港には先日見掛けたカンムリカイツブリとハジロカイツブリが入っていました。やっぱり1度見掛けると、見つけ易くなるみたいです^^;。

カンムリカイツブリ。近かったですが、逆光でした(涙)。
f0148627_23503151.jpg

後ろに付いているキャッチャーミットみたいな黄色い物は足です。
f0148627_23534186.jpg

こちらはハジロカイツブリです。近くに浮き上がってきましたが、撮ろうとしていると、スタコラサッサと遠ざかっていきました。
f0148627_23563834.jpg


さて、もう2月ですね。マガンやヒシクイはそろそろ帰り支度です。
[PR]
by htt-bird | 2009-02-03 00:08 | 奥松島
奥松島 2009年1月28日 大高森~荒れ小屋編
この日は早起きすることが出来、7時前には鳴瀬川河口に到着。

消防署前から昇る朝日を見ました。空気が澄んでいて寒いが気持ちがいい。
f0148627_9501252.jpg

河口にはスズガモ、ヒドリガモ、ホオジロガモ、キンクロハジロなどのカモ類が浮かんでいました。探せばコスズやカイツブリ類もいたかもしれませんが、今回は大高森へ直行する予定でしたので、ここでは朝日を撮るだけで満足でした。
f0148627_956185.jpg

・・・いつものように縦撮り男を1枚。
f0148627_9564625.jpg


大高森のルリビタキポイントで待つこと約1時間半、ようやく出てくれました。雌のルリビタキです。動きが早く1箇所でまったりしてくれないため、デジスコでの撮影は全滅でした(涙)。
近くにいる内にと、眼デジに持ち替え狙ってみました。
f0148627_1054548.jpg

1度2~3mの至近距離に来てくれました。必死でピントを合わせて連写したものの・・・
f0148627_1071840.jpg
ピン甘で、しかもぶれています・・・ううっ(涙)。 ※1200×803の大きい画像です。
上の2枚は、K10D+DA★300mm+A2X-S(2倍リアコン)での撮影です(手持ち)。リアコンかまさなくても十分いける距離でしたね。

この撮影後約2時間ぱったりと来なくなりましたので、ここを諦め嵯峨見台方向へいくことにしました。
荒れ小屋周辺ではアオジ、イソシギ、イソヒヨドリ、メジロなどが時々出てくれましたが、ここの主の泣きボクロのジョビ男君は姿を現してはくれませんでした。やはり、餌の状況によって縄張りを移動しているのだろうか?
殆どなくなってしまった荒れ小屋前のヌルデの実。スカスカです。
f0148627_10265459.jpg

その代わり、怖いお兄ちゃんがいないので、ルリビタキ(雌)が出てきてくれました。
f0148627_10304423.jpg
f0148627_10305693.jpg
上の2枚はデジスコでの撮影です。

しかし、今年に入ってから青い翼の雄のルリビタキ君を見ていません。
う~ん、どこに行ってしまったのか?
[PR]
by htt-bird | 2009-02-01 10:37 | 奥松島
奥松島 2009年1月21日 ハジロカイツブリ編
鳴瀬川河口や野蒜海岸、東名方面の探鳥を終え、次に奥松島運動公園横の沼(塩田跡)へ向かいました。狙いは猛禽です。特に昨シーズンここで見ることが出来たケアシノスリが入っていないか興味のある所です。海岸線も含めてオオワシが止まっていることもあるので、注意が必要です。

期待したものの、空でホバっている猛禽はミサゴっちのみ。樹上の猛禽もノスリとトビのみでした。
沼に浮かぶカモ類も、マガモとオナガガモが殆どでした。因みに沼の周りの芦原にオオジュリンがいました。一旦見つけると、割と見れるようになるようになるかも?

盛んにホバリングを繰り返すミサゴ。多い時は3~4羽のミサゴが交差していました。
f0148627_2022562.jpg


奥松島運動公園を後にした時点で既に3時近くなっていました。
大高森に登るには時間が足りないので、大高森の西側の松島湾?(里浦)を覗いてみることにしました。そこにはスズガモに混じってハジロカイツブリのペアが浮かんでいました。この日3種目のカイツブリ類(鳴瀬川河口でカイツブリにも会っています)で、この鳥さんには是非とも会いたいと思っていました。ほぼ2年振りの再会です(前回は江合川)。

ハジロカイツブリのペア。
f0148627_2041323.jpg

真赤な目が印象的で、嘴が上に反っているのも特長の一つです。 ※1200×900と大きい画像です。
f0148627_20453442.jpg

もう1羽の嘴の上には何か付いています。寄生虫か?人間の捨てた何かなのか?
f0148627_20514847.jpg

ちょっと心配しましたが、本人、いや本鳥?は至って元気そうでした。
ハジロカイツブリ「ブルル!」
f0148627_20565330.jpg

ハジロカイツブリ「フンガー!魚逃げるから近くに来んなー!」
f0148627_20585897.jpg

ハジロカイツブリ「それ!」
f0148627_2101894.jpg

ハジロカイツブリ「魚、獲ったどお!」
f0148627_211185.jpg


うんうん、元気そうでよかったです。

以上で全て終了です。・・・それにしても今回のシリーズ長かったなあ。ふう。
[PR]
by htt-bird | 2009-01-27 21:05 | 奥松島
奥松島 2009年1月21日 東名編
東名編の最後です。

オカヨシガモの雄と雌です。
f0148627_21131359.jpg
右が雌ですが、見た所マガモの雌に似ています。雄の方も地味ですね。
オカヨシガモの雄です。海藻を食べているようです。
f0148627_21174697.jpg

こちらにもカンムリカイツブリがいました。
シンクロのペアのようです。前にいる2羽の黒い鳥はスズガモの雌です。
f0148627_21214667.jpg
おおっ、息がぴったり!
f0148627_21222710.jpg
・・・最後は喧嘩ですかい!
f0148627_2123082.jpg

ホオジロガモ(雄)。・・・まるで御結びのような頭の形ですね。
f0148627_21303488.jpg
こちらはホオジロガモの雌です。いつもはあまり見ることができない白い首輪がはっきり見えます。・・・まあ、失敗写真ですが(涙)。
f0148627_21371693.jpg


最後におまけです。
ジョウビタキ(雄)
f0148627_21383362.jpg

イソヒヨドリ(雌)
f0148627_21391310.jpg

[PR]
by htt-bird | 2009-01-26 21:41 | 奥松島