人気ブログランキング |
<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ケアシノスリ
ケアシノスリは今シーズン色々なフィールドで数多く観察されているようです。私も奥松島と蕪栗沼で見たことがありますが、中々近くに来てくれません。やけくそで遠くでホバっている姿をデジスコで追ったことも有りましたが、当然ピンボケやブレのオンパレードでしたねえ(涙)。

先だっての3連休の最終日、鳥見初心者の友人T氏(但し、カメラは大先輩です。この日はフィルム一眼に300mm望遠×2リアコンという機材でした)と蕪栗沼に行った時に、ようやくそれなりの絵を撮ることができました。ふう。
f0148627_221118.jpg
f0148627_2211853.jpg
f0148627_2212918.jpg
まあ、3枚とも同じような絵ですが・・・。
今度はホバっている絵を撮りたいっすねえ。
by htt-bird | 2008-02-21 22:07 | 蕪栗沼
冬のシギチ(蕪栗沼2月)
春秋の渡りシーズンには蒲生にシギチに会いに行ったりしますが、中々会えないのが現実です。ところが最近の蕪栗沼には、何故かシギチが結構います。もちろんタゲリのように冬鳥もいますが、エリマキシギやアオアシシギ(多分)のように秋に渡るはずの種類も観察されます。
2月に蕪栗沼に居るってことは、ここで越冬していると考えていいと思いますね。・・・ということは、春もここにいるのかな?

冬のシギチの代表格、タゲリ君です。
f0148627_21171941.jpg
下の写真には2種のシギチがいますが、手前にいる腹が白いシギはアオアシシギだと思います。後の羽毛の柄が特徴的なシギはタシギですね。こちらは冬鳥です。
f0148627_21214944.jpg
こちらはオオハシシギとタシギですね。
f0148627_21223747.jpg
去年の12月から1羽だけ元気に動き回っていたエリマキシギさんです。タゲリの群れの中で突かれることも多かったですが、挫けることなく頑張ってます。
f0148627_2126854.jpg
タシギは一度覚えると忘れない鳥さんですね(但し、非常に似ている種類もいるようだ)。
f0148627_21291585.jpg
そして再びアオアシシギ(多分)さんです。
f0148627_21301570.jpg
f0148627_2134497.jpg

タシギとオオハシシギの地味な動画をどうぞ!
by htt-bird | 2008-02-20 21:41 | 蕪栗沼
全国犬ぞりフェスティバルin金ヶ崎-その2-
「全国犬ぞりフェスティバルin金ヶ崎」では、アトラクションとしてフリスビードックも行われました。フリスビードックは競技としては、、「ディスタンス」、「フリーフライト」、「ロングディスタンス」の3種のカテゴリー競技がありますが、今回はアトラクションということで、「フリーフライト」で犬と人間とのコンビネーションによる華麗な演技が披露されました。

f0148627_21554765.jpg
f0148627_2156632.jpg
f0148627_21562147.jpg
f0148627_2156348.jpg

by htt-bird | 2008-02-18 22:02 |
全国犬ぞりフェスティバルin金ヶ崎
2月9日、10日の2日間、岩手県金ヶ崎町で行われた「全国犬ぞりフェスティバルin金ヶ崎」を見に行って来ました。このイベントは毎年楽しみにしていますが、昨年は雪不足の影響で中止になってしまいましたので、2年振りの犬ぞり大会となります。

初日は天気が良かったですね。当日早めに大会会場に到着しましたが、初日は昼過ぎから開催ということで、会場には殆ど関係者しかいませんでした。
f0148627_20105787.jpg
さて、いよいよ競技開始!
気負い立つ犬達が吼えまくります。
f0148627_20202114.jpg
スタートと同時に猛スピードで駆け出します!
f0148627_2025822.jpg
f0148627_20253594.jpg
f0148627_2026530.jpg
f0148627_20272195.jpg
ゴール付近では、そりを引く犬達もバテバテですね~。
f0148627_20291612.jpg
f0148627_20292756.jpg

犬ぞり犬の皆さん、お疲れ様でした~。
f0148627_20353410.jpg

by htt-bird | 2008-02-15 20:37 |
ルリビタキ・リターンズ
先だってルリビタキのお嬢さんに会うことが出来、何枚か撮らせてもらいましたが、瑠璃色の♂の成鳥は、一度は見掛けたものの撮影することはできませんでした。
今回はそのリベンジに、鳴瀬川河口や野蒜海岸、松島運動公園の湖などを割愛して、大高森から嵯峨見台への遊歩道に絞って鳥見をしました。さて、ルリビタキさん達は出てきてくれたのでしょうか?

前回ルリビタキのお嬢さんを見掛けた所で腰を落ち着けて持久戦の構え。
落ち着いた早々、遊歩道を飛び回るシメを発見、少し遠いが撮影を試みました。しかし残念ながら撮影できずに藪の中へ。う~ん、ダメか~と思いつつ、ふとシメまでの距離の半分くらいの木の枝にグレーっぽい色の葉?を見ると・・・それはルリビタキ(♂)でした!見逃していた貴重な時間を悔いつつ撮影開始!

確かにルリビタキの♂ですが、まだ若い個体のようです。でも、そんなの関係ねえ!

「ぼくを撮りたいの?」
f0148627_20595879.jpg
「う~ん、どうしようかなあ?まだ、そんなに青くないし・・・」
f0148627_2101577.jpg
「うん、いいよ」
f0148627_2102887.jpg
ルリビタキ男君、ありがとうございました~。またよろしくね!
お嬢さん(♂の幼鳥かも?)も出てきてくれました。
f0148627_2125226.jpg

大高森でルリビタキを堪能した後、嵯峨見台下の荒れ小屋へ。最初は鳥影が少なかったが、30分程待つと、いつものメンツ-ジョウビタキ、メジロ、ウグイス、アオジ、イソヒヨドリ-が顔を見せ始めましたが、ジョウビタキ男君が八面六臂に縄張りを巡回し、これらの小鳥達を追い払っていました(流石にイソヒヨさんは無理!)。
ルリビタキ子さんも出ましたが、追い払われていました。
f0148627_2124224.jpg
さて、日も大分傾き撤収しましたが、大高森への帰路の途中、道路脇の農家の畑にまたもルリビタキのお嬢さんが出てくれました。
f0148627_21311373.jpg
かなり日が傾き、写真は辛い状況なので、動画を撮ってみました。
今回はかなりの頻度でルリビタキを見ることができて大満足でした~。
(但し、お気に入りの手袋を落としてしまった・・・)
by htt-bird | 2008-02-08 21:44 | 奥松島
ルリビタキ
冬場に奥松島の大高森に行く理由のほぼ8割は、ルリビタキとキクイタダキに会いたいからですが、宮戸島は他の鳥さんも多く入りますし、宮戸島手前の運動公園側の湖付近には猛禽が出没し、松島自然の家の奥のアシワラガニとチゴガニ(だったっけ?)のいる小さな沼にはカワセミも出ます。バラエティーに富んだフィールドだと思います。

さて、目的のルリビタキですが、かなりフレンドリーなお嬢さんが出てくれました。じっとしていると足元近くまで寄ってきてくれました。但し、活発な子で始終動き回るので、撮影は殆どできない状態でした(涙)。大雑把なピン当てで撮れた写真の中で見れる絵が2カットありましたので掲載します。因みに♂の成鳥も1度だけ見掛けましたが、撮影はだめでしたねえ。手強いです。

あまりに近くに寄って来たので、最初はジョウビタキ子ちゃんかと思いました。
f0148627_1848377.jpg
この絵はほぼ完璧にピンが合いました。1200ピクセルと大きくしています!
f0148627_1850877.jpg
その他の鳥さんですが、
キクイタダキ君は、もう連戦連敗です(涙)。大高森でほぼ確実に見れるのですが、動きが速過ぎてデジスコでは操作が間に合わず、眼デジでは枝被りでピンが合わない・・・。今回も、この程度が1番まともな絵です。
f0148627_1856592.jpg
ヤマガラ君は木の実をコンコン突いていて、ドラミング音を響かせていました。名前をヤマゲラにしたら?
f0148627_1913665.jpg
嵯峨見台下の荒れ小屋は今回は鳥影が薄く、いつものジョウビタキ君とイソヒヨさんしか出てくれませんでした。
f0148627_1951730.jpg
帰りに室浜漁港に寄りましたが、トラツグミらしい鳥さん(初見ですが間違えようがない柄です!)を見掛けました。
今日はルリビタキ子ちゃんに会えて好かったですが、青くて綺麗な♂の成鳥を撮れなかったのは残念ですねえ。
by htt-bird | 2008-02-01 19:11 | 奥松島