<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
神室山 2008年10月12日
この日は世間的には3連休の中日。山の紅葉は山頂から中腹に進み、登山者にとっては最も見頃の時期です。船形山の紅葉も気になりますが、今回は秋田県の神室山に登ることにしました。
かむろと呼ばれる山は幾つもあり、笹谷峠の近くにある神室岳(宮城県)、山形神室(山形県)、鬼首のバックに聳える禿岳(宮城県と山形県の県境)、そしてこの神室山です。
神室山は標高の低いわりには切り立った稜線がシャープな山容を持つ、見応えのある山です。

第一徒渉点にある吊橋。第二徒渉点にも同じような吊橋があります。渡るとかなり揺れます。
f0148627_8571054.jpg

登山道下部は未だ色付いていませんが、黄緑色のトンネルが目に優しかったです。
f0148627_902752.jpg

所々に紅葉が見られます。
f0148627_912646.jpg
f0148627_913610.jpg

不動明王を祀られている小さな祠の傍に湧水があります。大体ここで大休憩と水の補給をします。中々おいしい水でした。
f0148627_962047.jpg

御田の神で、真赤に紅葉した背の低い木がありました。なんと言う木だろう?
f0148627_9105282.jpg

稜線に上がると、アルペン的な山容です。オオー!
f0148627_912057.jpg
f0148627_9122164.jpg

f0148627_9133449.jpg

残念ながら山頂は雲が絶えず流れており、あまりいい絵は撮れませんでしたが、埼玉から来たというおじさんと簡単な食事をしながら20分くらい話し込みました。

パノラマコースを取り下山時、前神室山付近から山形県側を望む。
f0148627_9192899.jpg

反対側は・・・左奥が栗駒山、右奥が虎毛山です。
f0148627_9223789.jpg

流石にこの時期は花が少ないですね。遅咲きのタテヤマウツボグサ。普通のウツボグサより花がかなり大きいです。
f0148627_9243441.jpg


翌日はこの日以上の雲一つない秋晴れでしたが、流石に二日連続登山は無理でした(涙)。
[PR]
by htt-bird | 2008-10-29 09:43 | その他
蕪栗沼・伊豆沼
早くもハクガン、シジュウカラガンなどが入っているという情報が飛び交う蕪栗沼・伊豆沼ですが、約10日振りに行ってみました。

まずは蕪栗沼での猛禽類。
ノスリ。最近色々なフィールドで見掛けます。
f0148627_10565261.jpg

次にチュウヒ。はっきり言って証拠写真にもならないかも?。一応長い尾羽とその先が丸いので、トビと違う(トビは凹型に中央部が切れ込んでいる)ことが分かりますが・・・。
f0148627_1125037.jpg

オオタカです。眼デジ撮影で、トリミングしています。まあ、証拠写真よりも若干いいかな?
f0148627_1135460.jpg

沼にはシギチが見当たらず、カモ類、サギ類がいました。アオサギの湖面に映る姿を縦撮りしようと一寸撮影していると・・・
f0148627_1194143.jpg
f0148627_1195416.jpg
f0148627_1110737.jpg
・・・う~ん、でかい魚だ。喉を通るのだろうか?

MrBさんに教えてもらったポイントでカワセミを待とうと思いましたが、釣り人がいたため断念し、伊豆沼に移動しました。あ、そうそう、北側駐車場側の道ではまた工事のため通り抜け中止になっていました。あそこはマガンが多く見られる場所なんですがねえ。
さて、伊豆沼三工区にはマガンがいっぱい入っていました。飛ばさないように周回しながらハクガン、カリガネ、シジュウカラガンなどが混じっていないか探しましたが、残念ながら見つけることはできませんでした。
f0148627_11202975.jpg
f0148627_1120983.jpg

[PR]
by htt-bird | 2008-10-28 11:24 | 蕪栗沼
虎毛山 2008年10月2日
10月は個人的に登山月です。
山が紅葉するのに合わせて登りたくなります。但し、今年は岩手・宮城内陸地震の影響で栗駒山に登ることができないので(調べてみたら秋田県回りで登れるルートがあるみたいですが)、登る山が限られてきます。
船形山、虎毛山、神室山は、まあ、毎年恒例の山です。地震がなければ、これに栗駒山、高松岳などが加わります。

さて、虎毛山は登山口からしばらくは平坦な道が続きますが、赤倉沢の徒渉点から本格的な登りが始まります。かなりの急登なので、事前に身体を登山に慣らしておかないと酷い目に会います。と言っても、今年は9月の船形山で酷い目に会いましたが・・・。薬來山か泉ヶ岳で身体を慣らしておくべきでした(涙)。
虎毛山は山頂に自然のままの湿原が広がっており、気持ち良い時間を過ごすことが出来ます。

苔生す木々。麓で工事が続いているため、事前に伐採された木だと思われます。
f0148627_2340833.jpg

これも苔生す橋。と言うより渡り木といった方が良いかも?朽ちかけているので、少々怖いです。
f0148627_23424294.jpg

山頂避難小屋。山頂付近のみ紅葉がありました。
f0148627_23442548.jpg

虎毛山山頂より栗駒山を望む。
f0148627_23452766.jpg

山頂湿原と栗駒山(ちょっと大きめなサイズにしています)。
f0148627_23471093.jpg

山麓の登山道に見られるツリフネソウ。
f0148627_2351531.jpg

ダイモンジソウ。小さな花ですが、よく見ると花の形が大の字をしています。
f0148627_2353680.jpg

これはツユクサの実だろうか?
f0148627_23534743.jpg

山頂付近にはイワショウブの実がそこここに見られます。
f0148627_23551856.jpg

そしてチングルマのお髭。草紅葉としても有名です。
f0148627_23583020.jpg


下山時の登山道に動物の毛が散乱していました。行きには無かったので、数時間前に狩られたと思われます。羽毛ではないので被害者はノウサギがノネズミだろうか?
f0148627_015871.jpg
近くに白い糞がありましたので、犯人はイタチなどではなく猛禽類だと思います。

しかし、毎度のことですが、虎毛山の急登はきつかったです。
[PR]
by htt-bird | 2008-10-24 00:08 | その他
睨み合い?
9月末の石巻で見掛けた2羽のノスリです。
睨み合い?それとも愛の熱視線?

10月初め伊豆沼三工区の田んぼでは、かなりバトルを繰り返しているノスリを観察しましたが、この時は微妙な距離を保って睨み合っているだけでした。
f0148627_19422913.jpg
※ちょっと大きめの絵にしています。拡大してみて下さい。
[PR]
by htt-bird | 2008-10-22 19:44 | 石巻
ミサゴとアオサギ
マイフィールドの江合川での風景です。
ミサゴ(左)とオアサギ(右)が仲良く木に止まっています。
猛禽と言ってもミサゴっちは魚食いなので、アオサギもあまり気にしないんでしょうか。アオサギ自身魚食いだし。まあ、アオサギくらい大型の鳥になると、ハヤブサやオオタカなどもあまり怖くないかもしれませんね。
f0148627_2311035.jpg

[PR]
by htt-bird | 2008-10-21 23:04 | 江合川
蕪栗沼
約10日振りの更新です。
最近のフィールドは山中心で、虎毛山、神室山(何れも秋田県)と登ってきましたが、その話は別途掲載する予定・・・かも?。

約1週間前に行った蕪栗沼で、今期初めて本格的にマガンを見ることが出来ました。もちろん毎年探している鳥は、カリガネ、ハクガン、シジュウカラガンですが、流石に簡単には見つけることはできませんでしたね。
f0148627_2211616.jpg
f0148627_2213882.jpg
f0148627_2214910.jpg

首輪の標識、足環を付けたマガンもいましたが、首輪を嫌がっているような感じがしました。
f0148627_2242729.jpg

伊豆沼の南側の田んぼ(三工区だったかな?)にもマガンが入っていました。ハクガンらしき白い鳥もいましたが、飛ばれてしまい確認できず(涙)。まあ、サギの可能性もありますので。
ノスリも複数羽入って喧嘩していましたが、喧嘩シーンはブレブレのため掲載見送りです。
f0148627_2295698.jpg
かくれんぼ中のノスリ君。
f0148627_22103074.jpg

同じ伊豆沼三工区で見掛けたチュウサギ(だと思いますが・・・)
f0148627_22134832.jpg
f0148627_22135983.jpg

一応嘴の付け根の部分の食い込み具合と嘴の先の黒色、足の付け根付近が黒で肌色っぽくないのでチュウサギかと。チュウダイサギというダイサギの亜種もいるみたいですが、どんなんだろう?まあ、11月になればチュウサギはいなくなると思いますが・・・。
キジ君もいました。
f0148627_22184422.jpg

残念ながらお約束の鳥さんばかりでしたが、冬到来間近の印象でしたね。
[PR]
by htt-bird | 2008-10-17 22:28 | 蕪栗沼
ハマシギ
今回も石巻のシギチシリーズで、ハマシギを特集します。

ハマシギはトウネンよりもやや大きく、嘴も長いです。夏羽は腹に大きな黒班がありますが、9月末の時点で斑に残っている個体が多いです。4羽ともハマシギです。
f0148627_040956.jpg

こちらはトウネンです。比較してみて下さい。
f0148627_0404857.jpg

ハマシギ「ふんがー!」
f0148627_0424225.jpg

ハマシギ「ふんがー!」(嘴は柔らかいようで、こんな風に変形します)
f0148627_045865.jpg

ハマシギ「どうも、お騒がせしました~」
f0148627_0455929.jpg


う~ん、ひょうきんな奴・・・。
[PR]
by htt-bird | 2008-10-08 01:00 | 石巻
鬼首・鳴子 2008年10月4日
さて今日は朝の5時に早起きしてヤマセミ君に会いに鬼首へ!
鳥見で戦果がなくても、鳴子温泉でミニ・ジャズフェスが開催されるらしいので、午後からは半分うとうとしながらの音楽鑑賞ができそうです。

さて、ヤマセミ君には会うことが出来ましたが、全て飛んでいる所だけでした。1度10mくらい近くを旋回してくれましたが、残念ながら止まることなく去っていってしまいました(涙)。1枚も撮影機会なしでした~。
ここは、前回初めてヤマセミ君に遭遇した場所ですが、はっきり言ってヤマセミが止まるポイントが少ないです。ポイント選びの修正が必要かもしれませんねえ。

その他の鳥さんとしては、キセキレイ、カワガラス、オシドリ、モズ、イソシギ、カワセミ、アオサギですね。カワセミ君も遠くて撮る前に見失ってしまいました。

常連のカワガラスとキセキレイ。
f0148627_2165654.jpg
f0148627_2171169.jpg

シギチの仲間はイソシギのみでした。
f0148627_2182466.jpg

オシドリは今回は雌2羽出ました。以前ここで雄の4~5羽のグループを見たことがあります
f0148627_21104043.jpg

鳥見の最後にモズ君。
f0148627_21115133.jpg

撮影はできなかったものの、ヤマセミ君は何度も出てきてくれたので少し粘ろうかとも思いましたが、11時頃に釣り人が来たため、残念ながら鳥見はそこで終了。

鬼首を撤収後、ミニ・ジャズフェスを聴きに鳴子温泉へ行きました。足湯で時間調整後、3ステージ聴きました。今日はナイトステージもあるようでしたが、流石に5時起きの鳥見で眠気と疲れで少々身体が言うことを聞かないためこちらも終了。
f0148627_21223046.jpg
f0148627_21224414.jpg
f0148627_21225366.jpg
f0148627_2123369.jpg

[PR]
by htt-bird | 2008-10-04 21:29 | 鬼首
オオソリハシシギ
今回はオオソリハシシギの登場です。
まあ、こういう風に調べて記事にしていけば、見分け難いシギチに関して少しは身に付きそうです。

オオソリハシシギは前に登場したホウロクシギとは嘴の湾曲方向が逆で、上の方に反り返っています。さて、どちらの嘴が餌を捕り易いんだろう?
f0148627_21182229.jpg

ぶすっと差し込んでいますね。
f0148627_21191585.jpg

因みにこの子達も冬羽の装いです(夏羽はかなり赤茶けた色合いらしいです)。
f0148627_21211623.jpg

ゴカイ?を引っ張り出そうとしています。
f0148627_21403345.jpg

オオソリハシシギ「切腹!」 ダイゼン「介錯いる~?」 オオソリハシシギ「ううん、いらない」
f0148627_21422064.jpg

[PR]
by htt-bird | 2008-10-02 21:44 | 石巻
ムナグロ
前回のダイゼンに引き続き、冬羽のムナグロを掲載します。

冬羽の場合、ダイゼンとの一番の違いは色です。
大きさもダイゼンよりもやや小さめですが、並んで比較しない限り分かりません。でも色は単独で観察しても、はっきり黄色っぽいのが分かりました。

昨日の記事のダイゼンと比較してみて下さい。明らかに黄褐色ですね。
f0148627_1810295.jpg

正面顔はこんな感じです。
f0148627_18104754.jpg

おっと、細長いのを捕まえましたね。ゴカイでしょうか?
f0148627_18131351.jpg

色を除けば、嘴の短さといい、目の大きさといい、ダイゼンとそっくりです。フィールドでは色の違いは分かったものの、個体差?汚れ?幼鳥?などと考えたりしたものです。
f0148627_18163549.jpg


・・・顔の黒い夏羽のダイゼン、ムナグロを見てみたくなりました。来春は山ばかりではなく、海にもいこうかな?
[PR]
by htt-bird | 2008-10-01 18:34 | 石巻