人気ブログランキング |
<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
モズ
f0148627_10582595.jpg

モズ(♀)



鹿島台の森の入り口付近で出会ったのはモズの雌。
最初は茶色っぽくてやや大きい鳥でしたので、すわや、オオマシコか!と思いましたが、残念ながらモズっ娘でした^^;。
遊歩道で虫を探していたようですが、私に気づき樹上に退避。
私もオオマシコではなく遠かったこともあり数枚撮影して立ち去りましたが、写真を見直してみると結構綺麗に撮れていました^^)。

続きはこちら
by htt-bird | 2013-12-21 11:18 | 野鳥
2013年12月18日 鹿島台の森 ~ようやく姿を見せたルリビタキ~
f0148627_1457852.jpg

ルリビタキ(♀)



曇りがちな天気でしたが風が弱かったので鹿島台の森に行ってみることにしました。
もちろん目的の野鳥はルリビタキ。加えて、先日確認したトラツグミにも会えれば幸運かな。

しばらく捜し歩きましたが、縄張りが確定したためかヒッヒッヒッという甲高い鳴き声は全く聞こえてこず、雲も厚くなってきたのでそろそろ帰ろうかと考えていた時、ようやく現れてくれました(喜)。

続きはこちら
by htt-bird | 2013-12-18 12:00 | 野鳥
ビンズイ
f0148627_16365078.jpg

ビンズイ



築館の森で多く見られる野鳥はビンズイです。
先月初めに訪れた時にはまだ到着していませんでしたが、流石にもう平野部にも雪が降るようになると高い山には住めないようです。
採食は地上で行っていますが、人が近づくとぱっと飛び上がり樹上に退避します。
それ以上近づかなければ逃げることもなく、割とフレンドリーに撮らせてもらえます^^)。

続きはこちら
by htt-bird | 2013-12-17 23:50 | 野鳥
やっぱり色気より食い気のベニマシコ
f0148627_224574.jpg

ベニマシコ(♀)

※雄の若鳥かとも思いましたが、目先が赤くないので雌でいいのかな?




今日は久々に築館の森に行ってみました。
一昨日結構積雪がありましたので、冬鳥が山から大挙して低山・平野部に集結・・・なんてことを期待していました。
冬鳥はツグミとビンズイが群れで餌を探していて、それなりに山から下りてきている様子でした。

今季証拠写真しか撮れていなかったベニマシコも、かなり遠いですが一応会うことができました。
地味な雌のベニマシ子さんも、赤い実の助けでそれなりの写真に^^)。
・・・相変わらず食べてばかりの写真ですがね^^;。

続きはこちら
by htt-bird | 2013-12-17 22:38 | 野鳥
出不精
f0148627_21342982.jpg

今朝の様子



昨日も10センチほど積もりましたが、今日も生憎の雪。
時々晴れ間が覗きましたが強風と吹雪で出かける隙がありませんでした^^;。
まあ、雁とか白鳥とか大きい野鳥は探さなくても出会えるので、雪と野鳥の風景でも撮りに行けばいいんですがねえ・・・。
ふっ、出不精極まれり^^;。

続きはこちら
by htt-bird | 2013-12-15 21:51 | その他
2013年12月5日 岩出山の森
f0148627_21512049.jpg

クロジ(♀)



先日青い雄のルリビタキを見掛けたので、今日も岩出山に行ってみました。

結果から先に述べると、成鳥の雄のルリビタキには会えずじまいでした^^;。
今年も中々手強いです。

続きはこちら
by htt-bird | 2013-12-05 22:09 | 野鳥
NIKON COOLPIX P520 その2 ~TCON-17を装着してみたが・・・~
f0148627_22211047.jpg

COOLPIX P520にアダプターを介してコンバージョンレンズTCON-17(旧型)を装着



P520を選んだ理由の一つであるフロントコンバージョンレンズの装着による、更なる高倍率を試してみました。
P520とコンバージョンレンズTCON-17の接続には市販のアダプターを用いました。これはアマゾンなどで5000円位で売っています。
写真の通りP520の鏡筒部を覆う様にはめ込み、2本のネジで固定します。ネジを左右で止めるとTCON-17の重みで光軸ズレがしそうな気がしたので、上下方向で固定しています。

この状態で明るさを変えることなくP520の望遠端焦点距離を、35mm判換算で1000mm相当から1700mm相当に伸ばすことができます。

続きはこちら
by htt-bird | 2013-12-05 00:05 | 機材
2013年12月2日 岩出山の森 ~今日も証拠写真のみ~
f0148627_22142683.jpg

証拠写真ですが
ルリビタキ(♀)


※次のショットはブレが収まっていましたが、既にルリがいませんでした(涙)。



鹿島台の森で空振りが続き、再び訪れた岩出山。
青い羽の雄のルリビタキも登場してくれましたが、写真の雌のルリビタキ(若かも?)に追い払われて藪の中。
優勢なルリ嬢はバルーンフェスティバルの時に見掛けた先着した個体だと思います。
さて、雄の方も居ついてくれるかな?
by htt-bird | 2013-12-02 22:30 | 野鳥